インフォメーション/Information

HOME > インフォメーション

形成外科メニュー

美容外科メニュー

はせがわクリニック 求人情報 現在の求人情報を見る

長谷川歯科医院

メディカルエステ/SNOW WHITE

医療レーザー

医療レーザー脱毛治療を受けられる方へ

皮膚の状況に応じて色々な医療用レーザーを用いて永久脱毛を行っております。
ムダ毛のないさわやかな肌を実感してください。

Point.1

この治療は、メラニン色素を含む毛根を医療用レーザー治療器の
熱エネルギーにより一瞬で破壊するものです。
黒い物質だけを破壊するレーザー波長なので、黒い色以外の物質に
ほとんど影響を与えません。

Point.2

毛には毛周期がありますので、永久脱毛になるまでわき毛で4~6回、
わき毛以外で5~8回のレーザー治療が必要です。ただし、
年齢などの個人差があるため、もっと回数がかかることもあります。

Point.3

当日より、シャワーや入浴はできますが、当日の飲酒・スポーツは局所のかゆみが出ることがありますでの控えめにしてください。

注意点
1.
レーザー照射部位の毛は1~2週間ほど伸びてくる場合があります。
これは毛根が焼けた後で押し出されてくる現象で、その頃から抜けて脱落してしまいます。
2.
レーザー治療後は毛孔周囲に軽い炎症(赤み)が起こります。通常、数時間~1日以内に赤みやヒリヒリした感じは消失します。ポツポツと小さなカサブタができることがありますが、自然に治ります。レーザー治療後3日目以降も赤みが強い場合や水ぶくれができている場合は、治療が必要なこともありますのでご連絡ください。
3.
黒い物質に反応するレーザー波長を使用しますので、毛や毛根以外の黒いものにも反応します。したがって下記の場合はレーザーによる脱毛はできません。
 1:しみ、あざ、色素沈着のある部分。肌の色が濃い人。日焼けが強い場合。
 2:皮膚が光に対して敏感に反応する人。痛みにとても弱い人。
 3:毛の脱色処理や抜毛した場合。(黒いものが無いため効果が出ません。)
4.
毛周期があるため、レーザー治療は最低1ヶ月半以上(顔は4週間以上)の間隔を空ける
必要があります。
5.
治療後何か分からないこと、心配なことがありましたら、遠慮せず当院にお電話ください。

医療美顔

メディカルスキンケアを受けられる方へ

レーザーフェイシャルトリートメントについて

レーザー光は皮膚深部まで到達します。そこでレーザーエネルギーは熱に交換され、主に真皮内で軽い炎症を起こします。
その結果皮膚の線維芽細胞の活性化やコラーゲン産生の促進により、真皮の厚みや弾力が増します。

この結果皮膚のハリが出てコジワが少なくなります。さらに黒い色い反応するレーザーの場合は、シミやソバカスにも反応して剥脱させたり(シミ取り)、同時に口ひげや余分な眉毛を脱落させること(脱毛)もできます。レーザーフェイシャルは肌の内側からキメやハリ・コジワを改善する優れた方法です。

ケミカルピーリングについて

フルーツ酸と乳酸のダブルピーリングにより表皮の角質を剥離し、
表皮真皮に刺激を与えます。その結果表皮基底層を活性化し、
さらに真皮組織の水分保持を行います。
これにより色白でシットリとした肌を得ることができます。
さらにはイオン導入を併せて行い、ビタミンCなどの有効成分を
効率よく皮膚に浸透させることにより美白効果が期待できます。

初めての方は医師の診断を受けてから、レーザーによるフェイシャルトリートメントとケミカルピーリングを合わせたスキンケアーでご自分の皮膚の変化を実感して下さい 。

注意点
1.
疲れた皮膚の状態を効率よく引き上げるためには、真皮には施工後のダウンタイムがのこり、表皮は沈静化した状態で、連続した複数回のフェイシャルトリートメントをお勧めします。
具体的には2ヶ月間に1~2週間ごとの処置が効果的です。
2.
レーザーを初めて行った方はシミの部分が黒くなっていきます。1週間ほどで徐々に脱落し始めますが、それまで擦ったりしないでください。施行後特別な処置はいりませんが、日焼けだけは避けてください。
3.
シミが濃い方または盛り上がっている方でレーザー施行した後、シミが落ちた部位が赤黒くなることがあります。これは施行後の炎症性色素沈着ですので、3ヶ月ほどで改善しますが、日焼けには十分気をつけて下さい。外用剤を使用していただくことがあります。
4.
ケイミカルピーリング後肌の落屑(粉がふく)があり、痒みが出現する場合があります。
この場合は皮膚の沈静化のために外用剤の塗布が必要です。医師にご相談ください。